top of page
  • 執筆者の写真naaa a

大手脱毛サロン倒産

更新日:2023年12月16日


おはようございます。

Salon de SoLA/Cielboyのオーナーなつこです。



ここ数か月で脱毛業界の闇とともに大手脱毛サロンの事業譲渡や倒産が話題になってますね。


[脱毛業界大手 銀座カラー破産]





[RVHがエステ事業撤退。ミュゼプラチナム、不二ビューティ2社を髙野友梨社長のG.Pホールディングに譲渡]



[手越祐也 TEGOSHI BEAUTY SALON 脱毛経営に関与せず]



「脱毛ラボ」運営元が破産へ 予約はキャンセル扱いに「返金はすぐにできない」




業界は大手やら脱毛機販売業者やら、業界一丸となってお客様の知識が少ないことをエサに食いものと言っていいのか言葉が悪いですが、とても悲しい事が起きています。私もこの業界20年以上経ち、20代に脱毛サロンでも働いていた事がありますが、何も知らずにサロンで働いているスタッフの子達も倒産日に普通に知らされずに出勤していました。お給料はもちろん支払われません。



脱毛業界のカラクリは、そもそもサロンオーナー自身もわかっていないところが殆どだと思います。


私の見解としては業界未経験でも始めやすく、特別な資格も必要ないため、目先のお金や商売として知識の浅い人達が気軽に始められるのだと思います。


また脱毛は結果が命ですが、その結果が出るのが毛周期や毛髪理論に正しく沿っても数ヶ月かかるため、すぐにお客様達も判断できないのが一つの原因となっています。


悲しいことに当サロンにも、たくさんのお客様が過去に通い放題や、初回980円ずっと永久保証!で脱毛を始め、数年(2〜6年)ほど時間とお金を無駄にされ、濃い箇所(脇やVIO)はそのまま残ってる方が多くいらっしゃいます。


同じく男性の、メンズサロンでの髭脱毛も同じ理由で当サロンに疲弊してカウンセリングに来られ、最後の砦とご紹介でお越しいただく事が圧倒的に多いです。





美容業界の闇・商道徳・モラルの低さについて、国民生活センター抜粋


脱毛エステの通い放題コースなどでの中途解約・清算トラブルに注意!「途中で止めたら返金なし!?」「解約したのに支払いは続く・・・」



男性の「ひげ脱毛」での相談が増加・・・脱毛エステ店での契約トラブル「永久保証」「通い放題」注意




このような脱毛業界の闇は氷山の一角でまだまだこの様な展開、消費者追求をしている大手有名サロンや脱毛サロンは全国に沢山ありますよね。


ネットで業界闇と検索しても、SEO対策で作られた宣伝ページに釣られて、結局は大手サロン宣伝へ引っ張るブログのみばかりが上位に上がってくるので、ヤッフー知恵袋などで生の声を調べてみてくださいね。



当サロンでは多くの方が大手やクリニック、多店舗サロンに通われていた方たちですが、その方達のお声や体験談を聞くと有資格者、毛髪理論に沿ったIPL光脱毛サロンを運営してる私からしたら、到底あり得ないのですが


・抜けない脱毛機でお客様をずっと通わせる


・照射レベルは一番低く、照射レベルは上げていかない


・言われたら上げるが知識がないため皮膚が捲れるほどの火傷を負わせる


・光やレーザー脱毛で白髪も抜けます


・入れ墨やtattooをしていても照射可能


・日焼けや黒い肌も可能


・1週間、2週間が来店周期

・60回コース(永久保証)



などなど驚きの事ばかりです。



この業界のサロン選びは、単に大手やネームバリューがあるサロンに通ってる事をステータスとし、自慢することが目的でしたら良いと思いますが、脱毛が目的のみでしたら、急激に店舗展開をしてこ口コミ、ブログなどお金で増やしてるサロンは本当のお客様の声が埋もれてしまい、運営費を広告宣伝費へ使い、実際は継続してくれるお客様がおらず回収できないため今回のように倒産する確率が高いと考えられます。



ご存知の通りジャニーズ有名人を起用したり、有名ホストが宣伝しているなど結局は同じ脱毛機メーカーが運営していましたが、どんな脱毛機を取り扱ってるかで、サロンオーナーの知識や運営モラルも知れる一つの選択肢になりますね。

脱毛器メーカーでサロンオーナーの視座が知れると感じています。



私がサロンオープン時に脱毛マシンを選定する際に数社の営業トークを聞き、実際にマシンテストした時に


「毛周期を気にせず通ってもらいたいなら、SHRやTHRがおすすめ」


「顧客が好きなタイミングで通えるうえ、光が弱めで痛みが少ないのがメリット」


「うちの脱毛機は他のメーカーのSHRと理論が違い、本当の新しい仕組みです。」


「メラニン色素にはアプローチしないため、ホクロがある部位にも照射可能!」


「発毛を促すバルジ領域にアプローチするNPL(ニューパルスライト)脱毛!」



など全く毛髪理論にそってないので、意味不明です。そもそも人間が進化しないかぎり、マシンだけ新しくなっても意味がないのです。また、そのマシンの毛髪理論、皮膚理論を伺いましたが、全くその営業の方も答えられずでした。



脱毛において、全く痛くない脱毛は理論的に回数を相当数重ねると可能だと思いますが、毛根ひとつが半熟ほどで処理されるならば、人間の細胞再生能力はとっても高く1、2年でまた元通りなのです。


その場合大手サロンや連射式脱毛サロンでは、お客様が求める回数(6-12回)では全く痛みのない脱毛完了はほぼ不可能です。



私もサロンへの脱毛機導入までに展示会やメーカーなど数多の脱毛機屋さんに直接お会いし脱毛を試してきましたが、このように知識がなく言葉を並べて説明しているだけと広告イメージで販売されているところがほとんどです。


実際の脱毛は、ワンショットで効果があるかないかわかります。全く痛みや体感はないですが、数ヶ月数年通い続けてとかではないのです。


そのサロンが取り扱っている脱毛機のスペックは?


光の波長は?


パルス幅は?


1Jはどのくらいのエネルギー量?


脱毛までの温度にどのくらいの熱?


部位による回数はや来店周期は?


はたまたレンズ幅は?レンズの大きさは?


レンズを冷却し冷やす温度などは?


などです。


濃い毛に悩み、毛を剃る事で肌が荒れ、不快に悩んでる方達が、本当にしっかりとオーナー始めスタッフ全員が有資格で、知識と経験をしっかりと持っているサロンに皆さんが出会えることを心より願っております。



私自身もしっかり毛髪理論を学ぶために国家資格の美容師免許をサロン運営しながら3年かけて美容専門学校に通い直しました。


微力ながらこの業界が真摯に、お客様達が安心して選択し、通える業界になるように少しでも皆さんのお役に立てるように知識を広め業界の発展に努めます。


長々と読んでいただきありがとうございました♪



 






当サロンは、厚生労働省などが指導バックアップの一般社団法人日本エステティック振興協議会認証の業務用脱毛機を取り扱っています。美容機器に精通する開発者とスペシャリストが集う神奈川県内の工場で、設計から製造まで行っております。


スタッフは全員が一般社団法人日本エステティック振興協議会認証の脱毛安全講習、有資格者が毛髪理論、皮膚や機械の安全性を学びます。


日本エステティック振興協議会は、エステティックにおける美容ライト脱毛は、スキンケアの一環として美容上好ましくない無駄毛を取り除くこととし、多くの消費者に望まれているニーズにお応えするため、通「エステティックサロンは、脱毛技術の向上はもちろん美容ライト脱毛機器適合審査制度に合格した安全な機器を用いなければならない。」と定めています。








閲覧数:167回
bottom of page